/

松山市、個人事業主などの資金繰り支援 コロナ対策で

臨時記者会見で支援策を発表する野志克仁松山市長(21日、市役所)

松山市は21日、個人事業主などを対象に事業資金を貸し付ける独自の支援策を実施すると発表した。100万円を上限に無利子で貸し付け、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で資金繰りが厳しくなった市内の中小事業者を支援する。

申請は5月6日から受け付けを始める。直近2カ月の売り上げが前年か前々年の同時期から10%以上減少している個人事業主などが対象で、昨年度にも実施した同施策の利用者は対象外となる。市役所内の窓口で受け付けるほか、市のホームページから書類をダウンロードすれば郵送でも申請できる。

市は愛媛県が要請している飲食店の時短営業などの影響を受ける事業者への支援も実施する方向で、県などと検討を進めている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン