/

この記事は会員限定です

土佐和紙で現代浮世絵、高知の製紙・印刷会社が全国発信

[有料会員限定]

高知の伝統産業、土佐和紙を現代美術に用いて全国発信する試みが進んでいる。漫画家のしりあがり寿氏の新作浮世絵の原画を土佐和紙に印刷して6月23日から販売する。高知県いの町の製紙会社と高知市の印刷会社が参画。同氏の新作はゴルフ場運営会社、太平洋クラブ(東京・千代田)のゴルフ場の風景画などで、原画の色彩を再現する。

今回のプロジェクトに関わるのは手漉(す)きの土佐和紙製造で定評のある浜田兄弟和紙製作所と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り925文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン