/

この記事は会員限定です

離乳前の子猫、ボランティアが飼育 千葉市で殺処分ゼロ

データで読む地域再生 関東・山梨

[有料会員限定]

2020年度に関東・山梨8都県では約3000匹のペット(犬・猫)が殺処分された。ただ動物愛護法が改正された12年度に比べ、9割近く減っている。保健所が保護・引き取ったペットの殺処分率も、県によって12~46%と幅はあるが、12年度比では大幅に減少。保健所が安易な引き取りを拒否できるようになっただけでなく、新たな飼い主を探す活動が広がっていることが背景にある。

千葉市動物保護指導センターは15年度...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1453文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン