/

京葉銀行、中小企業庁のM&A支援機関登録

京葉銀行は子会社の京葉銀キャピタル&コンサルティング(千葉市)が、中小企業庁が公募する「M&A(合併・買収)支援機関」に登録されたと発表した。中小企業が安心してM&Aに取り組める環境を整えるため同庁が創設した登録制度で、これを機に支援案件の拡大につなげる。

京葉銀キャピタル&コンサルティングの支援を受けた中小企業はM&A関連費用が「事業承継・引き継ぎ補助金(専門家活用型)」の対象となる。県内では千葉興業銀行も申請している。

京葉銀行は他にも、京葉銀キャピタル&コンサルティングや独立系のフューチャーベンチャーキャピタルと共同で、取引先の事業承継を支援するファンドを設立している。ファンドの総額は15億円で、設置期間は10年。

取引先でも経営者の高齢化などに伴って事業承継を検討する企業が増えているが、株式譲渡額など資金面で難航することもあるという。そのためファンドが株式の買い取りや出資を担い、後継者の負担を軽減して雇用維持などを図る。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン