/

この記事は会員限定です

コロナ交付金活用、岩手県遠野市が最多 1人5万2535円

日経NEEDS調査

[有料会員限定]

新型コロナウイルス対策で国が自治体に配る地方創生臨時交付金は2021年度、計7720億2700万円が使われた。住民1人あたり換算では岩手県遠野市が5万2535円と最多で、最も住民に還元したことになる。上位の自治体では消費喚起など事業者支援での活用が目立った。臨時交付金は政府内で不適切使用の事例があるとの指摘がある。活用状況の透明化と検証が欠かせない。

遠野市は観光産業を支援するため、1枚2千円分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り868文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません