/

この記事は会員限定です

森林整備財源、持て余す都市部 使途なく全額未消化も

[有料会員限定]

森林整備の財源として国が全自治体に配る「森林環境譲与税」の予算消化が滞っている。都市部は使途が乏しく、貯金に回す自治体が続出。配分額全額が未消化のケースもある。林業が盛んな中山間地は財源不足を訴えており、2024年度の本格運用開始を前に配分見直しを求める声が高まっている。

「譲与税を使いたくても市内に森林がなく、活用先がなかった」。千葉県浦安市は21年度に1361万円の譲与税を受け取ったが、市内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1372文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン