/

この記事は会員限定です

首都圏、耕作放棄地で新事業 商品ブランド化や貸し出し

#ハッシュタグ

[有料会員限定]

首都圏で耕作放棄地や遊休農地を活用した新事業の開拓が進んでいる。東京を中心とする大消費地という地の利を生かし、オリジナル商品の開発や販売戦略などに知恵を絞った事業が目立つ。新型コロナウイルス禍での外出自粛の影響で、都市部の一般市民向けの農地利用も進みつつある。

日本三大銘茶の狭山茶を製造・販売する池乃屋園(埼玉県入間市)は、耕作放棄地などで育てた茶葉で自社ブランド商品「とどめ茶」を開発した。商品...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1512文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン