/

横田めぐみさん拉致現場視察 米大使館員「理解深めた」

在日米国大使館で北朝鮮による拉致問題などを担当するブヨン・リー1等書記官は21日、新潟市内にある横田めぐみさんの拉致現場を視察した。下校後に拉致されたとみられる寄居中学校周辺を巡った後、記者団に「実際に拉致現場を歩いたのは初めてだ。拉致問題への理解をさらに深められた2日間だった」と述べた。

リー氏は20日にも新潟県柏崎市内にある蓮池薫さんらの拉致現場を訪れていた。

21日は視察後に新潟県庁で佐久間豊副知事と面会し「新潟市と柏崎市を訪問し、非常に多くのことを学ぶことができた。日本政府を一層支援しながら拉致問題の早期解決に向けて日米両政府で連携しなければならないとの思いを新たにした」と伝えた。佐久間副知事は「引き続きお力添えをいただきたい」と求めた。

リー氏は今回の訪問で、柏崎市の桜井雅浩市長、新潟市の中原八一市長とも面会。両市長はそれぞれ、駐日大使による拉致現場の視察も要望した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン