/

福井県、シェアEVで電力融通 「仮想発電所」の先進地に

データで読む地域再生 まとめ読み

2022年1月21日に公開したシリーズ企画「データで読む地域再生」では、電気自動車(EV)など次世代車の普及状況に着目しました。ガソリンスタンドの相次ぐ廃業で「給油過疎地」が増えるなか、自宅で充電可能なEVは地域の足として欠かせない存在になる可能性を秘めています。

福井県、シェアEVで電力融通 「仮想発電所」の先進地に   

鳥取県、災害時電源に民間EV 「協力隊」登録50台に 

横浜市、公道に国内初の充電器 実験で月平均200回超の利用

京都市、授業やイベントで身近に 企業版ふるさと納税も活用

岐阜県、太陽光パネルとセットで販売 電力会社と商社が連携 

福岡市、次世代車の購入費用を補助 下水の汚泥から水素つくる

北海道、道の駅の4割に急速充電器 数年以内に全駅導入目指す

秋田県、県庁に登録制の無料充電器 2020年度の利用2300回超す

データで読む地域再生

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン