/

サトウ産業が上場祝賀会 第四北越銀会長ら200人祝う

サトウ産業は22日、新潟県上越市内で上場記念祝賀会を開いた。佐藤明郎社長は「上場企業という社会の公器として社員とともに責任を果たしていきたい」とあいさつした。第四北越銀行の佐藤勝弥会長は祝辞で「新潟県を代表する企業として新潟県の経済界をリードしていただきたい」と激励した。

この日の会合には、県の佐久間豊副知事、上越市の中川幹太市長、上越商工会議所の高橋信雄会頭らもお祝いに駆けつけた。同社社員を含む約200人が乾杯した。

サトウ産業は10月、東京証券取引所のプロ投資家向け市場「TOKYO PRO Market」へ株式を上場した。上越市が21年3月にオープンした雪室貯蔵施設「ユキノハコ」などの建設も手がけている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン