/

この記事は会員限定です

静岡の自治体、民間人材がDXけん引 常勤で現場統括も

[有料会員限定]

静岡県内の自治体が民間人材を生かしてデジタル化を進めている。袋井市では即戦力となる民間のIT(情報技術)人材が常駐し、現場でプロジェクトをけん引する。焼津市も国の派遣制度を活用し専門人材を任用した。民間の知見を取り入れながら、デジタル化を進め市民サービスの利便性を高める。

袋井市は4月、NTTドコモなど3社から4人の人材を起用した。民間の持つ専門知識やスピード感、顧客に寄り添う柔軟な姿勢を生かし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1070文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン