/

この記事は会員限定です

大和ハウス、郡山で第2の物流施設 製造業の需要活発

[有料会員限定]

大和ハウス工業は郡山中央工業団地(福島県郡山市)の大規模物流施設の隣接地に、来秋完成をメドに同市内で第2の物流施設を建設する。事業費は約40億円で保管能力は5割増える。複数社に賃貸する。製造業が自社の物流設備を集約したり、自前の設備を持たずにアウトソーシングしたりする動きを強めていることに対応する。

第2施設の構想は以前からあったが2019年秋の台風で同工業団地が浸水し、いったん白紙になっていた。

予定地は17年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り572文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン