/

この記事は会員限定です

原発の針路「国が明確化を」 美浜3号運転再開の福井県

「原発銀座」福井のいま(上)

[有料会員限定]

福井県と原子力発電所の関係が変化を迫られつつある。「原発銀座」と呼ばれるほど原発が集中する地域だが、近年は国の原子力政策が不明確で、将来像の描きづらさに不満の声を上げてきた。岸田文雄首相が新増設の検討を指示したことで期待が高まる一方、地域では再生可能エネルギーなどの新産業の育成も始まる。50年以上にわたって国の原子力政策と歩調を合わせてきた原発銀座のいまを追った。

岸田首相の発言に対し、原発が立...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1372文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません