円安、静岡県内製造業に打撃 観光は追い風も人手不足 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

円安、静岡県内製造業に打撃 観光は追い風も人手不足

[有料会員限定]

急速な円安で静岡県内の企業への影響が深刻化している。20日の外国為替市場で円相場は32年ぶりに節目の1ドル=150円を超えて下落。21日も円安が進み、原材料を輸入に頼る製造業では収益悪化の危機感が強まっている。円安の追い風を受けやすい観光業では人手不足が深刻となっており、メリットを生かせるかは不透明だ。

主力製品のツナなど原材料のほとんどを海外からの仕入れに頼るはごろもフーズによると、売り上げに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1000文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

物価高・値上げ

世界的なインフレの波が日本にも押し寄せています。物価上昇はいつまで続き、経済や企業経営、人々の生活にどのような影響を及ぼすのでしょうか。国内外の重要ニュースや最新の解説記事をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません