/

この記事は会員限定です

都内コロナ病床使用率3割台に 行動緩和は慎重に検討

[有料会員限定]

東京都の新型コロナウイルスの感染状況や医療提供体制が改善している。新規感染者数の減少に伴って病床使用率は9月20日時点で36.4%となり、1日時点から29.3ポイント低下した。都は行動制限の緩和の検討を進めているが、感染再拡大(リバウンド)の懸念から慎重に移行時期を探る。

今夏襲った過去最大の感染拡大「第5波」により、都内の病床使用率は1日時点で65.7%、入院率は12.9%といずれも国の指標で最...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り594文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン