/

島田掛川信金、JR掛川駅前の複合施設着工

島田掛川信用金庫(静岡県掛川市)は複合施設「SKしんきん駅前プラザ(仮称)」の建設を始めた。JR掛川駅北口の向かいに位置する土地に、駐車場棟とプラザ棟の2棟を整備する。2024年4月の開業を目指す。

着工したのは駐車場棟で、延べ床面積が約4600平方メートルの4階建て。完成すれば204台を収容できる。プラザ棟は延べ床面積が約4000平方メートルの5階建てで、同信金の営業店や資料館の他に、多目的ホールや子育て支援施設、外部のテナントが入居する予定だ。駐車場棟の工事が終了する見込みの23年2月ごろに着工する計画だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン