/

農水政務官「安定供給へ全力」 愛知漏水の現場視察

愛知県豊田市の取水施設の大規模漏水で、宮崎雅夫農林水産政務官が21日、現場の「明治用水頭首工」の復旧作業を視察した。宮崎氏は農工業用水の安定供給に向け、農水省として全力で取り組む考えを示した。

現地で県の古本伸一郎副知事と意見交換。古本氏は「(復旧には)この地域の命運がかかっており、国をあげて対応してもらいたい」と要請。宮崎氏は「どういうことが可能なのかしっかり検討する」と応じた。

宮崎氏は、農業用水の供給が止まった豊田市の田畑も視察。米農家岡田善明さん(75)は「稲を残すため、少しずつでも水を送ってもらいたい」と訴えた。

漏水は15日に確認され、その後範囲が拡大。東海農政局は、矢作川に仮設ポンプを設置して工業用水の配水を続けているが、農業用水は停止している。ポンプを増設し、5月中に最低限必要な農工業用水の確保を目指している。農政局は21日朝から、明治用水の近くを流れる別の川にポンプを設け、取水を始めた。漏水の原因とみられる川底の穴の復旧は工法などを検討中で、めどが立っていない。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン