/

この記事は会員限定です

米国産桃の輸入解禁、脅威か好機か

点照

[有料会員限定]

桃のおいしい季節が到来した。ブドウとともに生産量日本一の山梨県では甘みたっぷりの果実が順調に育ち、早生(わせ)種から順次出荷されていく。今年は豊作期待が高まる一方で、産地の農家は2つの不安を抱えている。

目下の心配事は盗難の被害。6月中旬、収穫直前の桃が畑から大量に盗まれる事件が県内で相次いだ。パトロールの強化や防犯カメラ導入などの対策に県は急きょ助成を決めた。

もう一つは米国産桃の輸入解禁への...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り771文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン