/

この記事は会員限定です

燃料電池の移動電源車 香川のバリオスターが開発

[有料会員限定]

蓄電池システム開発のバリオスター(高松市)は、燃料電池とリチウムイオン蓄電池を組み合わせた車載用の移動電源システムを開発し、10月から販売を始める。蓄電池で燃料電池を起動できるよう工夫した。ガソリン発電機などに比べて騒音が極めて小さく、大気汚染物質の排出もない。長期稼働もしやすい。自然災害に伴う停電地域で活動する非常用電源車や野外イベントの電源用として需要を開拓する。

燃料電池は燃料のメタノールを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り999文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン