/

この記事は会員限定です

首都圏飲食店、歓迎と困惑 酒提供解禁も制約多く

[有料会員限定]

首都圏1都3県は21日、新たな「まん延防止等重点措置」期間に入った。各都県は区域内の飲食店などに引き続き営業時間短縮を求める一方、酒類の提供自粛要請は条件付きで緩和に転じた。飲食店は経営正常化への前進を喜ぶ一方、多くの制約に戸惑いも大きい。自治体は要請の公平性を保てるかが課題になる。

「肉とお酒はセットだからありがたい」。東京・新宿の歌舞伎町で焼肉店を営む40代女性は酒提供解禁を喜ぶ。緊急事態宣言...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1048文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン