/

群馬県、農業生産者の販路開拓で産直サイトと連携

群馬県は県内の農業生産者の販路開拓を後押しする事業を始める。産直サイト「ポケットマルシェ」運営の雨風太陽(岩手県花巻市)と連携し、新型コロナウイルス禍で飲食店向けの売り上げが減少した生産者が、電子商取引(EC)サイトを通じて新たな販売先を見つけられるようにする。

対象は県内に生産拠点をもつ農水産物の1次生産者。27日午後に群馬県庁で生産者向けのEC販売の説明会を開く(オンラインでも視聴可能)。ECサイトを通じた販売スキル向上のため、7月からポケットマルシェの主催でサイト運用の研修会を3回開く予定だ。

ポケットマルシェのサイト内に特設ページを設けて群馬県産の農畜産物をPRし、県内生産者の商品も紹介する。また県産農畜産物を対象に送料500円割引キャンペーンを実施し、販売促進につなげる。このほか生産者と消費者が直接交流できるオンラインイベントや、県産食材のフェアなども開く予定だ。

ポケットマルシェは、農業や漁業などの生産者が消費者に食材を直接届ける産直サイト。2016年9月にサービスを開始し、現在は6000人を超える生産者が登録しているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン