/

この記事は会員限定です

ゼンシン、障害児向けサッカー教室をFC化 23年に70施設

[有料会員限定]

障害者福祉事業などを手掛けるゼンシン(宮城県名取市)は、発達障害などがある児童向けサッカー教室のフランチャイズチェーン(FC)展開に乗り出す。放課後に児童らが通う「放課後等デイサービス」などを手がける施設が対象。まず2023年までに70施設のFC化を目標とし、収益力の底上げを図る。

同社は障害児向けサッカー教室「アバンツァーレスポーツ」を宮城県と山形県を中心に6カ所で展開している。放課後等デイサー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り614文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン