/

この記事は会員限定です

ヤングケアラーに支援の機運、条例作り対策 国も新事業

「日経グローカル」から

[有料会員限定]

家事や介護、きょうだいの世話など家族のケアを日常的に行っている子どもたちを「ヤングケアラー」と呼ぶ。2020年度に実施した国の初の全国調査で中高生の20人に1人が該当し、公的支援の機運が高まった。国が22年度からの集中的な取り組みを目指すなか、条例化や専門窓口の開設など自治体独自の動きが始まっている。(日経グローカル426号に詳報)

一般社団法人の日本ケアラー連盟(東京・新宿)が作成したイラスト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1788文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン