/

この記事は会員限定です

高温の耐火物の強度、瞬時に確認 岡山の財団など新装置

[有料会員限定]

1000度を超える高温に耐えるセラミックス材料(耐火物)の品質を数分で測定・評価できる装置が登場、26日に岡山県備前市で公開実演される。カーボンヒーターを応用、加熱部位を小さくすることで冷却スピードも速く、これまで十数時間を要した試験を1回15~30分程度に短縮できるという。溶融の様子などを目視、撮影もでき、耐火関連の製品開発の労力軽減やスピードアップに効果を発揮しそうだ。

装置は計測機器などを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン