/

この記事は会員限定です

倉敷空き家活用し店舗に 「民芸」で生み出す新しい魅力

[有料会員限定]

岡山県倉敷市の美観地区で、空き家となった屋敷を改修し憩いの拠点として再生させる工事が民間主導で始まった。屋敷は柳並木と掘割に面した白壁と瓦屋根の古い町並みにある。外観は残しつつ内装や中庭を思い切って改修する。新たな観光スポットとして美観地区の回遊性を高め、来訪者の滞在時間を延ばす。

改修計画が進むのは、倉敷市で文化・観光の一大拠点の大原美術館から東へ約100メートルの所にある旧藤岡邸(敷地面積約9...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り908文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン