/

この記事は会員限定です

高齢者独居率低い北信越 石川・白山市は同居で補助金

データで読む地域再生 信越・北陸

[有料会員限定]

北信越5県の高齢者独居率は、いずれの県も全国平均を下回った。背景には持ち家比率が高く、3世代住宅も多いという地域性だ。3世代で住む場合の補助金を設け、独り暮らしを防ごうとする石川県白山市のような自治体がある。一方で長野県大鹿村のように町ぐるみで見守ろうとIT(情報技術)を活用し、遠隔で高齢者の状況を確認できるようにすることで孤立を防ぐ取り組みも広がりつつある。

北信越の自治体で最も独居の割合が低...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1256文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン