/

この記事は会員限定です

石川知事選の構図固まる 4人が立候補表明

[有料会員限定]

3月の任期満了に伴う石川県知事選挙の構図がおおかた固まった。24日、共産が支援する見通しの飯森博子氏(62)が立候補を表明した。既に名乗りを上げている馳浩元文科相、山田修路元参院議員と山野之義・金沢市長の保守系3候補者を加えた4人が立候補の意向を明らかにした格好だ。

2021年11月に馳氏が記者会見で訴えたのは「社会的弱者を支え、一人ひとりの幸福度を上げていく」ということだった。国政では児童虐待...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1350文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン