/

この記事は会員限定です

埼玉県信金、池田理事長「現場主義徹底」 エリア制導入

[有料会員限定]

埼玉県信用金庫の池田啓一理事長は6月の就任後、初めて日本経済新聞社の取材に応じた。新型コロナウイルスの感染拡大は、信用金庫が主な顧客とする中小企業への影響が大きい。池田理事長は「現場主義を徹底し、埼玉県経済を下支えすることのできる力強い信用金庫を目指したい」と地域密着の姿勢を強調した。

現場での顧客支援に力を入れるため、今年度から県内を東西南北の4つの地域に分け、それぞれの地域に根差した営業戦略を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り835文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン