/

この記事は会員限定です

節電で照明や空調抑制 北関東、暑さ対策両立に苦慮

[有料会員限定]

政府の節電要請が1日から始まった。6月から全国的に記録的な猛暑が続き、東京電力管内では電力需給逼迫注意報が連日発令された。北関東の事業者も節電に協力するが、熱中症の恐れもあるなかで客や従業員の健康に配慮する難しい対応を求められている。

高崎高島屋(群馬県高崎市)は電力の需給逼迫注意報が発令されたのを受けて6月27日、来店客用の階段の照明を通常の4割に落とした。当面の間は続ける予定だという。ただ、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1156文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン