/

この記事は会員限定です

企業の債務返済、震災11年で新たな課題 地域金融が奔走

東奔北走

[有料会員限定]

東日本大震災から11年を迎え、被災地で新たな課題が浮上している。二重債務にならないよう国などに買い取ってもらった震災前の債権について、事業者が買い戻す時期にさしかかっているのだ。新型コロナウイルスの影響で債務が膨らんでいる事業者も多いといい、地域金融機関などが対応に追われている。

震災後、事業者が震災前の債務が負担となり新たな資金の調達が難しい二重債務が問題となり、国は2つの機構を設立して解決に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1299文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

東日本大震災から11年、復興・創生期間がほぼ終了した被災地。インフラ整備や原発、防災、そして地域に生きる人々の現在とこれからをテーマにした記事をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン