/

この記事は会員限定です

丸栄水産、養殖ニジマスで干物 ピンクの身に淡い塩味

静岡 我が社の一押し

[有料会員限定]

静岡県沼津市を流れる狩野川の南側に面した我入道(がにゅうどう)と呼ばれる地域は1年を通じて安定した風が吹き、干物の生産が盛んだ。ここを拠点とする丸栄水産(沼津市)が今年発売した「富士山サーモンのひもの」は養殖ニジマスで作った珍しい干物だ。

材料は塩焼きなどに使われることが多い重さ200グラム程度のニジマス。柿島養鱒富士宮事業所(静岡県富士宮市)で、魚卵のふ化から10カ月ほどかけて育てる。

身はうっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り849文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン