/

富山第一銀行、温暖化ガス削減支援 ゼロボードと連携

富山第一銀行は20日、スタートアップのゼロボード(東京・港)と連携して、取引先の脱炭素に向けた取り組みを支援すると発表した。同社が手がける温暖化ガス排出量の可視化サービスを取引先に紹介する。取引先が企業活動で生じる排出量の開示を求められる例が増えていることに対応する。

ゼロボードは使用した電気やガスなどから排出量を算定し可視化する。取引先はクラウド上でその状況を確認できる。企業の温暖化ガス排出量を測定する国際基準「GHGプロトコル」にも対応している。必要があれば、富山第一銀が設備の費用を融資する。

北陸銀行と北海道銀行を傘下にもつほくほくフィナンシャルグループ(FG)もゼロボードと組み、取引先の温暖化ガス排出量削減を支援している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン