/

この記事は会員限定です

水戸の酒造、消毒液を医薬部外品申請へ 地域から挑戦

[有料会員限定]

老舗酒造会社、明利酒類(水戸市)による医薬部外品の消毒液製造・販売が実現に近づいている。地域の酒造会社による全国でも異例の挑戦だ。構想からおよそ1年。近く水戸市に新工場が完成し、6月にも医薬部外品の免許申請を予定する。消毒液の代用品としての高濃度エタノールでは難しい場合もあった病院や高齢者施設への納入を広げる。

19日、設備の大部分が完成し新工場の引き渡しが行われた。残る工事を終えて5月末に完成し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1083文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン