/

この記事は会員限定です

宮城・漁師町の復興酒 土地が育み地域支える蔵の魅力

酒紀行まとめ読み

[有料会員限定]
東日本大震災の津波で壊滅した宮城県閖上(ゆりあげ)地区にある佐々木酒造店。酒造りの道具は流され店も全壊しました。多難な蔵の再生にあたって、地域の支えが力になりました。鉄分が増えて酒造りに向かなくなった地下水の代わりに、地元のセリ農家の水田に使う水を分けてもらい、新たな純米酒を完成させました。その酒は今、地域の顔として人を呼び込みます。ほかにも、高知の山間の棚田米を使った日本酒や、新潟の砂地で育ったブドウのワインなど。今回の酒紀行まとめ読みでは、風土や個性をしっかり生かし、地域と人に元気をもたらしている各地の蔵を多く訪ねました。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4887文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン