/

登山計画、スマホで提出 ヤマップと神奈川県警が協定

神奈川県内の山に登る際、登山計画書をスマートフォンのアプリで提出できるようになった。登山アプリ「YAMAP」を運営するヤマップ(福岡市)と神奈川県警が協定を結んだ。利用者が登山計画書をアプリ内で作成して提出すると、情報が県警と共有され、県警は正式に受理する。

アプリでは、予定している登山ルートやスケジュールなどを書き込んだ登山計画書を作成できる。提出ボタンを押すだけで県警に届け出ができる。県警は山岳遭難時の迅速な救助活動につなげる。同社はアプリの利便性を高め、利用者拡大にもつなげたい考えだ。

ヤマップは同様の協定を長野県・長野県警と、群馬県警とも結んでいる。

登山届はこれまで紙の書類などを登山ポストに入れたり、警察の窓口に郵送したりして提出することが多く、提出しない人もいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン