/

サンマルクHD、子会社3社を7月に吸収合併

外食店を展開するサンマルクホールディングス(HD)は、ベーカリーレストランなどを運営する完全子会社3社を7月1日付で吸収合併する。新型コロナウイルス禍で業績が低迷する分野を集約し、同HDの事業開発部門と合体してレストラン事業部に再編する。ビジネスモデルを再構築して収益の改善を目指す。

吸収合併するのはいずれも岡山市内に本社を置くベーカリーレストラン運営のサンマルクとバケット、すし店を展開する函館市場の3社。首都圏など全国で合計約160店舗を展開しているが、いずれも2021年3月期決算で経常赤字を出し、苦戦が続いていた。

これにより同HDの事業子会社はサンマルクカフェ、倉式珈琲、鎌倉パスタ、サンマルクグリルの4社(店舗総数約670店)になる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン