/

この記事は会員限定です

広島・呉の神田造船所が造船事業に幕 再就職にはメド

[有料会員限定]

主力の造船事業からの撤退を発表していた神田造船所(広島県呉市)は27日、最後の船を船主に引き渡した。同日をもって60年以上続けた造船の歴史に幕を下ろし、今後は修繕分野に特化して生き残る。協力会社を含めて1000人弱いた従業員のほとんどの業務がなくなったが、同業や他の製造業の人手不足もあり、多くが地元での再就職にめどをつけている。

同日、本社がある川尻工場(呉市)。神田造船所が造った最後の船、1....

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1184文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン