/

長野・松本市、新たなエネルギー事業で提案募集

長野県松本市は20日、「100%カーボンニュートラルな自立分散型まちづくり」の実現に向けて、新たなエネルギー事業に関する事業者の提案を募集すると発表した。国の「スーパーシティ構想」への応募でも同様の提案を柱としているが、依然として対象地域が決まっていない。松本市は事業者からの具体的な提案などを参考に、スーパーシティへの採否にかかわらず実現可能な事業から取り組む考えだ。

提案を求めるのは電気バスや周波数変換装置による電力融通、地域マイクログリッドの構築など10項目。事業を具体的に進めるための手法やスケジュールなどの情報を提供してもらう。提出期限は9月9日。スーパーシティへの提案のもう一つの柱である医療・介護分野については別途に検討するとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン