/

この記事は会員限定です

東海ゴルフ場、利用税最多は愛知・豊田市 県首位は静岡

データで読む地域再生

[有料会員限定]

東海4県の2020年度のゴルフ場利用税は計約66億3000万円とピーク時の1992年度に比べて58.5%減った。ゴルファーの高齢化などで、プレーヤーに課税する利用税が減った。財源として活用してきた自治体は地元コースのコンペの景品を補助するなど集客を後押しする。ゴルフ場は若者ら会員以外のビジターを集客するために知恵を絞っている。

4県で20年度の利用税が最も多かったのは静岡県の約22億円で92年度...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1725文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン