/

愛媛大学と中国四国農政局、イノベーション創出で連携

愛媛大学と農林水産省の中国四国農政局は、1次産業の競争力の向上などを目的に、イノベーション創出へ向けて連携することを決めた。農水省の「みどりの食料システム戦略」と愛媛大が掲げる「食料、エネルギー、物質の地産地消」の推進をめざす。愛媛大生の消費行動などについてのデータ解析にも取り組む。

愛媛大の仁科弘重学長と中四国農政局の山本徹弥局長が20日、松山市で開いた意見交換会で合意した。2020年に結んだ包括的連携協力協定に基づく取り組み。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン