/

この記事は会員限定です

医療体制の逼迫懸念、対応急ぐ自治体 コロナ急拡大で

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染が急拡大し、医療提供体制への懸念が強まっている。沖縄県では病床使用率が70%に達したほか、和歌山県や熊本県も50%を超えた。医療機関や保健所の業務逼迫を防ぐため、自治体は入院・健康観察の対象を重症化リスクの高い感染者に絞るなど対応を急いでいる。

20日の感染者が初めて1万人を超えた神奈川県。横須賀市の横須賀共済病院は26床のコロナ専用病床のうち、20床が埋まっている。「感...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り831文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン