/

この記事は会員限定です

岡山・井原、動き出す星空保護区  キラリ光る集客策を

[有料会員限定]

天体観測の好適地として知られる岡山県井原市の美星町地区で、国際認証制度「星空保護区」の認定を契機に新たなまちづくりが動き出した。自然生態系を守るSDGs(持続可能な開発目標)に即したスポットとして観光客らの受け入れを進める行政、民間が一体となって行動計画の策定と実施を急いでおり、成果が注目を集めそうだ。

11月12日、岡山市内で「星空保護区」の証書授与式が開かれた。「星空保護区」は夜空の環境保全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り948文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン