/

静岡ガス、インドで天然ガス供給事業 現地企業に出資

静岡ガスは20日、インドで天然ガス供給事業に参入すると発表した。現地で天然ガスを供給するIRMエナジー(グジャラート州アーメダバード)に出資・業務提携することで同日、基本合意した。静岡ガスは国内で培った省エネ技術をIRMエナジーに提供し、産業用天然ガス需要を開拓する。静岡ガスの海外事業展開は4カ国目となる。

IRMエナジーは2015年の設立。インド西部グジャラート州と北部パンジャブ州の計3地域で、都市ガス導管を通じて天然ガスを供給している。静岡ガスは22年1月に業務提携契約を締結し、同社株式の一部を数億円で取得する。出資比率は公表していない。

静岡ガスはガスを燃料に電気と熱を作るコージェネレーションシステムなどの技術を提供し、IRMエナジーの産業用天然ガスの供給先と供給地域の拡大を支援する。

インドは経済成長に伴う大気汚染や低炭素化に対応するため、30年までに1次エネルギー消費に占める天然ガスの割合を15%に高める方針で、クリーンエネルギーとして需要が高まっている。

静岡ガスは15年にシンガポールとタイで事業を開始し、インドネシアでもエネルギー事業を手がける。東南アジア以外の国への進出は初めて。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン