/

この記事は会員限定です

首都圏自治体、妊婦に優先接種枠 里帰り出産や夫らも

[有料会員限定]

首都圏自治体の間で新型コロナウイルスワクチンを妊婦に優先接種する動きが広がっている。妊娠中の接種に関する安全性の確認が進んだほか、千葉県で入院調整中だった妊婦が自宅で出産し、新生児が死亡した問題も背景にある。政府も23日付で自治体に妊婦を優先して接種するよう求めており、各地で同様の対応が続きそうだ。

千葉市は未接種の妊婦を対象に、市内の集団接種会場1カ所に計960人分の予約枠を設ける。1回目の接種...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り795文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン