/

新潟の6酒蔵がブレンド純米酒 9月に発売

新潟県内の6つの酒蔵が連携し、それぞれの純米酒系をブレンドした日本酒を9月に発売する。6酒蔵は、いずれも銘柄に「白」が入るのが特徴。昨冬、5蔵が発売した「コシノゴハク」が好評だったため、第2弾としてさらに1蔵を加えて企画した。

商品名は「コシノロクハク秋ブレンド」。720ミリリットル入りで価格は「ロクハク」にちなみ1689円。酒類卸の新潟酒販(新潟市)を通じ県内のスーパーや量販店、観光売店などで販売する。

参加するのは「越の白鳥」の新潟第一酒造(上越市)、「越乃白雁」の中川酒造(長岡市)、「こしのはくせつ」の弥彦酒造(弥彦村)、「白龍」の白龍酒造(阿賀野市)、「白露」の高野酒造(新潟市)と今回加わった「白瀧」の白瀧酒造(湯沢町)。各酒蔵が純米酒系を持ち寄り、ほぼ均等に配合した。

昨年12月に1800本限定で出した「コシノゴハク」は発売後すぐに完売。今年1月に500本を追加販売した。「コシノロクハク」は2000本を予定している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン