/

岡山県、2021年ヒノキ生産量日本一に 国産材需要増で

農林水産省が公表した2021年の木材統計で、岡山県のヒノキ素材生産量が前年比25%増の27万8000立方メートルと日本一になった。木材が世界的に不足する「ウッドショック」の影響で国産材の需要が高まり、生産量を押し上げた。

2位は愛媛県、3位は熊本県だった。岡山が日本一になるのは18年以来3年ぶりとなる。「海外の木材が入りにくくなり、国産材に切り替える動きが追い風になった」(岡山県木材組合連合会)という。

地元での利用促進も活発になっている。5月には民間建築物で県産材の利用を広げるため、岡山県が県建築士会や住宅メーカーのライフデザイン・カバヤ(岡山市)などと協定を結んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン