/

この記事は会員限定です

職場接種前倒し、ワクチン確保カギ 高齢者は相次ぎ開始

[有料会員限定]

後藤茂之厚生労働相は20日、企業や大学で実施する新型コロナウイルスワクチンの職場接種について前倒しを検討すると表明した。ワクチンの調達や感染拡大の状況によっては2022年3月としていた開始時期を早める方向だ。

政府は3回目接種を2回目から原則8カ月以降と定めている。新たな変異ウイルス「オミクロン型」の感染拡大の懸念などを受け、医療従事者や高齢者ら約3100万人については最大2カ月の前倒しを認める...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り672文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン