/

この記事は会員限定です

「廃棄物」から新商品 アップサイクル、首都圏で広がり

#ハッシュタグ

[有料会員限定]

捨てられるはずだった廃棄物や不用品を回収し、加工して付加価値の高い新たな商品を生み出すアップサイクルの取り組みが首都圏で広がっている。廃材や規格外の食材、着られなくなった服などを有効活用し、サーキュラーエコノミー(循環型経済)の実現につながると期待される。若者らの間で環境に配慮した消費行動が広がり、アップサイクル製品の専門店も登場するなど裾野が拡大してきた。

神奈川県茅ケ崎市に2020年5月、全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1451文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません