/

事業承継支援で業務提携 城南信金とサクシード

城南信用金庫(東京・品川)と経営コンサルティングのサクシード(宇都宮市)はM&A(合併・買収)に関する業務提携を結び、後継者がいない中小企業の情報を共有して事業承継を共同で支援するサービスを始めた。

サクシードは栃木県内の中小企業に対する事業承継支援などを手掛けている。同信金によると、東京に拠点を設けたい都外の企業が都内の中小企業を買収するケースが多くあり、担当者は「事業承継のいい相手が見つかることへの期待感がある」と述べた。

サクシードが都内の金融機関と業務提携するのは初めて。同社は「大手のM&A仲介会社ではフォローできない地場の中小企業の事業承継をサポートしていく」という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン