/

この記事は会員限定です

サクランボ収穫、人手確保に懸命 山形県は職員副業解禁

[有料会員限定]

サクランボが真っ赤に色づき、全国の7割を生産する山形県でも収穫の最盛期を迎えた。ただ機械化が難しい収穫・出荷作業は多忙を極める。昨年は記録的な不作で何とかしのげた農家も多かったが、平年並みに戻った今年は再びあちこちで人手不足が顕在化。県やJA、食品関連企業などは助っ人確保に懸命だ。

山形県によると、今季の県産サクランボの予想収穫量は平年比99%の約1万3300トン。凍霜被害が甚大だった昨年(91...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1125文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン